Top > ひのきとひなげし > ひのきとひなげし4

ひのきとひなげし4

「あの、ひなげしは手前どもでございます。どなたでいらっしゃいますか。」

「さう、わしは先刻伯爵からご言伝になった医者ですがね。」

「それは失礼いたしました。椅子もございませんがまあどうぞこちらへ。そして私共は立派になれませうか。」

「なりますね。まあ三服でちょっとさっきのむすめぐらゐといふところ。しかし薬は高いから。」

 ひなげしはみんな顔色を変へてためいきをつきました。テクラがたづねました。

「一体どれ位でございませう。」

「左様。お一人が五ビルです。」

 ひなげしはしいんとしてしまひました。お医者の悪魔もあごのひげをひねったまゝしいんとして空をみあげてゐます。雲のみねはだんだん崩れてしずかな金〔きん〕いろにかゞやき、そおっと、北の方へ流れ出しました。

 ひなげしはやっぱりしいんとしてゐます。お医者もぢっとやっぱりおひげをにぎったきり、花壇の遠くの方などはもうぼんやりと藍いろです。そのとき風が来ましたのでひなげしどもはちょっとざわっとなりました。

 お医者もちらっと眼をうごかしたやうでしたがまもなくやっぱり前のやうしいんと静まり返ってゐます。

 その時一番小さいひなげしが、思い切ったやうに云ひました。

「お医者さん。わたくしおあしなんか一文もないのよ。けども少したてばあたしの頭に亜片ができるのよ。それをみんなあげることにしてはいけなくって。」

「ほう。亜片かね。あんまり間には合はないけれどもとにかくその薬はわしの方では要るんでね。よし。いかにも承知した。証文を書きなさい。」するとみんながまるで一ぺんに叫びました。

「私もどうかさうお願ひいたします。どうか私もさうお願ひ致します。」

 お医者はまるで困ったといふやうに額に皺をよせて考えてゐましたが、
「仕方ない。よからう。何もかもみな慈善のためぢゃ。承知した。証文を書きなさい。」

 さあ大変だあたし字なんか書けないわとひなげしどもがみんな一諸に思ったとき悪魔のお医者はもう持って来た鞄から印刷にした証書を沢山出しました。そして笑って云ひました。「ではそのわしがこの紙をひとつぱらぱらめくるからみんないっしょにこう云ひなさい。
  亜片はみんな差しあげ候と、」

 まあよかったとひなげしどもはみんないちどにざわつきました。お医者は立って云ひました。

「では」ぱらぱらぱらぱら、
「亜片はみんな差しあげ候。」

「よろしい。早速薬をあげる。一服、二服、三服とな。まづわたしがこゝで第一服の呪文をうたふ。するとここらの空気にな。きらきら赤い波がたつ。それをみんなで呑むんだな。」悪魔のお医者はとてもふしぎないい声でおかしな歌をやりました。「まひるの草木と石土を 照らさんことを怠りし 赤きひかりは集い来てなすすべしらに漂へよ。」

 するとほんたうにそこらのもう浅黄いろになった空気のなかに見えるか見えないやうな赤い光がかすかな波になってゆれました。ひなげしどもはじぶんこそいちばん美しくならうと一生けん命その風を吸ひました。

 悪魔のお医者はきっと立ってこれを見渡してゐましたがその光が消えてしまふとまた云ひました。

「では第二服 まひるの草木と石土を 照らさんことを怠りし 黄なるひかりは集い来てなすすべしらに漂へよ」

 空気へうすい蜜のやうな色がちらちら波になりました。ひなげしはまた一生けん命です。

「では第三服」とお医者が云はうとしたときでした。

「おゝい、お医者や、あんまり変な声を出してくれるなよ。こゝは、セントジョバンニ様のお庭だからな。」ひのきが高く叫びました。

 その時風がザァッとやって来ました。ひのきが高く叫びました。

「こうらにせ医者。まてっ。」

 すると医者はたいへんあわてゝ、まるでのろしのやうに急に立ちあがって、滅法界もなく大きく黒くなって、途方もない方へ飛んで行ってしまひました。その足さきはまるで釘抜きのやうに尖り黒い診察鞄もけむりのやうに消えたのです。

 ひなげしはみんなあっけにとられてぽかっとそらをながめてゐます。

 ひのきがそこで云ひました。

「もう一足でおまへたちみんな頭をばりばり食はれるとこだった。」

「それだっていゝじゃあないの。おせっかいのひのき」

 もうまっ黒に見えるひなげしどもはみんな怒って云ひました。

カテゴリー
更新履歴
ひのきとひなげし5
(2009年3月10日)
ひのきとひなげし4
(2009年3月10日)
ひのきとひなげし3
(2009年3月10日)
ひのきとひなげし2
(2009年3月10日)
ひのきとひなげし1
(2009年3月10日)